Intentional Draw

まーいっか あーそっか

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

グレンラガン14話 

さて、先週の引きが気になってた私ですが、タイトルを勘違いしていたようです。"みなさん、ごきげんよう"ってのは、今回のニア投影の時の開始の挨拶だったんですね。Farewellかと思ってたよ…
ということで、今回はついに敵の本丸テッペリン攻略作戦です。テッペリンはさすがに本丸だけあって、アニメ中で描かれてはいませんが既に攻略作戦も6日が経過していて、大グレン団の兵も満身創痍というか結構傷んでいる描写がありました。シモンの”今日は敵が本気で来る気がするんだ”的な発言から、本当に敵が本気で来るお話でした。戦艦二隻で陸から空からいいように攻撃されるダイグレンですが、グレンラガンの八面六臂の活躍と、思いもかけぬ増援から一気にダイガンテンとシュザックを倒すわけですが、ダイグレンはおいしいところを持っていきますね。はじめからシュザック出してグレンラガン止めておけばよかったのに…折角の挟撃が意味がないわ。
ダイガンテンが轟沈して地上の戦艦(名前失念)に直撃するわけですが、さすがにあのフォルムだけあって無傷で登場。さらにテッペリンと合体して竜巻状の障壁を作って、グレン団は成す術がなくなり、痺れを切らした増援のリーダが竜巻に突っ込んで爆死。通信もできず、更にリーダを失って指揮系統が壊滅状態になった増援たちもリーダの後を追って竜巻に突っ込もうとしますが、ここで冒頭のニアが空間に投影されて、思いとどまります。そして地中に潜ったグレンラガンの奇襲が成功して、地上の戦艦とともにグアームも退場。
さて、四天王が退場しましたが、螺旋王はどう出るのか。まだ1クール残してますが、どういう感じでお話は進んでいくのか気になるところですね。
[ 2007/07/01 19:41 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

you-1

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム