Intentional Draw

まーいっか あーそっか

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

みんなでBing 

Microsoftがやってる検索サービス、その名もBingですが、皆様お使いでしょうか。
…使わないよね。そんな状況を受けてかどうかは知りませんが、みんなでBingっていうキャンペーンが開催されています。
みんなでBing
検索するとデスクトップテーマがもらえるそうです。Windows7用ですけど。
声優のセレクションが割と狙い気味ですよね。箱ユーザ大感激…なのかなぁ。まぁ、BingはMicrosoft系の検索エンジンですので…

まぁ、そういった部分は抜きにしてBingの評価ですけども、やっぱ日本じゃGoogleには勝てないよなぁ、という事でしょうか。Googleは検索だけじゃなくて、ルート検索とか、色々な検索機能に加えて、日本向けのチューニングというか、日本語特有の表現の揺れまで含めて精度の高い検索結果を提供してくれますから、これ以上のものを出してもらえないことには日常使用ではもう勝ち目がない。ホントに。
一例を挙げれば、東京駅から豊洲まで行きたいなぁ、と思ったときに、
東京から豊洲
と検索ウインドウに入れて検索すると、乗り換え案内を出してくれます。これが出張の時に割と便利だったりします。駅名だけじゃなくて住所でも出してくるし、徒歩ルート、車でのルートまで出してくれます。
また、天気予報だって出してくれますし、ヤマトのお問い合わせ番号を入れれば配送状況までわかります。詳しくは以下のリンクに譲りますが、検索エンジンの域を超えてますよね、ホントに。個人的なお薦めは電卓。大学の課題とか普通にこなせます。物理定数とか普通に入れても認識しますよ。
色々な検索機能
BingはGoogleにあるところを大体網羅してはいるんですが、地図検索ではルート検索が出来なかったりだとか、足りない所が目立つんですよね。関連キーワードは充実しているんですが、それだけじゃ移れない。xRankとかも別に急上昇キーワードとか…必要な人もいるのかなぁ。社会的な生活を送るためには流行廃りには敏感でないといけないんでしょうか。急上昇キーワードを見てそれを知る時点で負けだと私は感じているのですがどうか。結局こういうものがビジネスになる辺り、ネットは流行の後を追うことしかまだ出来ないんですね。急上昇キーワードって結局テレビとか他のメディアがドライブするものですから。ネット発、ってのを報じるのがテレビですしね。

…脱線しましたが、Bingには移れないと言うことですね。でもまぁ、使ってもらうためにはこういうキャンペーンでとりあえず取っかかりを、ってのは正攻法ですね。こう言うのがないと他を使う機会はまず無いですから。最近はブラウザに検索窓は統合されてしまいましたし、検索エンジンを意識して使うことが少なくなってきたという事情もあり、色々と大変ですよね。
[ 2010/01/02 02:36 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

you-1

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム