Intentional Draw

まーいっか あーそっか

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

真…とな? 

さて、今日は家に帰ってきたのでスタオ4をプレイしました。いやはや、間が空くと何をやっていたか思い出す作業が必要ですね。そういう意味で、あらすじ機能って実は便利なんですねぇ。社会人になってようやく意義が理解できましたよ。

で、二回目のエイオスですが、洞窟をどんどこ進んでいく間に、リチャージというすてきスキルをゲットしました。バニッシュストーンさえあればいつでもリングにチャージできる!
光のリングとか、一回しか使えないから不便だったんですよねぇ。チャージに掛かるコストは仕方ないにしても、チャージできる場所が限られてるってのは痛かったので。
基本は回数の少ないリング重視で使っていった方が便利ですかね。

洞窟の奥には、何かでっかいアリの死体が横たわっていて、グリゴリっぽいものが取り付いていました。グリゴリってなんなんでしょうねぇ。ほんとに。精神支配を受けそうになりつつも、エイルマットことイルたんのおかげで事なきを得ました。
で、真・アルマロスになって戦闘開始だったんですが、なんだこのネーミング。いやまぁ、ネーミングセンスは置いておくとして、つまりはグリゴリはどれも同じように見えるけども、個々に人格というか、意思を持っているんですかね。でも、大元ではつながっていて、個ではあるけど全なのか。よくわからんですね。3のアールディオンなんかもこんな感じだった気がしますが、とりあえずどうでもいいか。

真・アルマロスは弱点が尻尾?みたいな部分の先端なんですが、サイトアウトしないと攻撃できない罠。で、サイトアウトをしようとするとトキシックブレスをもらってしまう罠。ははは、何もいえねぇ…
操作キャラがエッジだったので、よりトキシックブレスをもらいやすかったのもありますが、なんだかねぇ。レイミ操作して遠くから精神集中して満月撃ってれば楽でしたかね。
真・アルマロスは実際の所避けづらい攻撃をしてこないので、一番面倒だったのは産卵で出てくるカブトガニでした。カブトガニの問題点としてサイレンスを使ってくること、攻撃力が実は高いことに加えて、SO4最大の欠陥と考えられているターゲッティングの問題もあり、とても邪魔なのです。パーティ構成が、エッジ、レイミ、イルたん、リムルだったので回復をリムルに頼ることになるのですが、リムル自体打たれ弱いのと、カブトガニのサイレンスで沈黙もらうと回復が滞って、弓のくせに前に出たがるレイミと血気盛んなイルたんがすぐに瀕死になるわけですね。
まぁ、三度ほどリムルとイルたんが戦闘不能にはなったものの、パネルボーナス割ることもなく撃破。15分くらいかかりましたが、ストーリーボスでこんなに掛かるとなると、これから先が思いやられますね。まぁ、何とかなるでしょう。

真・アルマロス退治と同時に、エルダー移民艦がおそわれるシーンに切り替わりますが、これは惨い。最後に光に包まれたフェイズはどうなってしまうのでしょう。アキュラも航行不能ですが、クロウも大丈夫なのかしら。困りましたねぇ。

さて、ついにEnIIへ旅立つときが来ました。なんか、この流れはアニメ版のドラゴンボールを感じさせずにはいられません。ナメック星に行くはずだったが、偽ナメック星に行ったような、そんな感じです。偽地球とか、ロークとか、エイオス二度目とか、EnIIを行き先にしてからずいぶん遠回りした気がします。
とりあえず、EnIIはどんなところなのかしら?楽しみですね。
[ 2009/03/20 01:24 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

you-1

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム