Intentional Draw

まーいっか あーそっか

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

りゅうせいぐん 

今日は双子座流星群がよく見えるとのことで、さっきの記事をあげてからしばらく眺めていたら5個ほど見ることができました。動画でも撮れるかなと思いましたが、面倒なので…
スポンサーサイト
[ 2012/12/13 22:37 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

M570 

M950があまりにチャタるのでつい買っちゃったんだ。
Wireless Trackball M570
そう、ワイヤレストラックボールです。
使いたかったけど踏み出せなかったトラックボールですが、実売3000円という安さに負けたのと、その価格帯のマウスにも惹かれるものがないので導入することになりました。
初めてのトラックボールですが、想像以上にマウスから乗り換えたときの違和感は無く、しっくりきています。やっぱり腕動かさなくて良いのは単純に楽ですし、割と細かいポインタの操作もできます。一番の懸念だった範囲選択やドラッグアンドドロップも普通にできますし、なんか肩透かしを食ったような気が。
まだ使い始めたばかりなので何ともいえませんが、センサーがレーザーになったお陰で、ボールに虫の複眼のような怪しげな幾何学模様は無くなり、デスクにおいても存在感が薄いのも良い感じです。ボールも取り出し易く、メンテもしやすそうです。

いくつか難点をあげると、価格なりの作りの安さに尽きますかね。外装は言うまでも無く、やっぱり接点はルビーでは無くセラミック?ですし、ホイールクリック、ボタンクリックのフィールは軽くショックを受けるレベルです。特にホイール。
その他、ボタン数もM950より2つ減っているのも地味に効いているというか、例えば、ぱっと検索するときにはクイック検索ボタンをワンクリックで済んでいたことが、右クリックメニューから検索を選ぶ、とかになっているので、やっぱり手間だなぁと感じます。
まぁ、実売で3倍以上もするM950なんかと比較する方が間違ってますかね。

M950は修理に出したいんですが、保証書が引っ越しのどさくさでどっかいっちまったい…ロジクールは修理するというよりは交換になることが殆どなんですけどね。
[ 2012/12/13 22:07 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

忙しい 

なんか初夏の暇っぷりは見る影もなく、仕事が忙しいです。困ったなぁ。

先日は友人の結婚式でしたが、カメラが活躍しました。活躍したと同時に、やっぱりスピードライト欲しいなぁと、強く思った次第です。室内撮影は難しい。
持って行ったレンズは24-85mm f/3.5-4.5Gと50mm f/1.8Gなんですが、後者だと1/60秒でシャッター切っても手ぶれし放題。NEX-5使ってたときは1/30秒でもそれなりに歩留まりは高かったのですが…
後は、AFとMFの切り替えを無精したせいか、特に連写したシーンでのピントの迷いがこれまた酷くて…位相差の限界を感じました。
やっぱりカメラを使いこなすって難しいですね。少しずつ慣れていこうと思います。
[ 2012/11/28 01:16 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

D600買っちゃった 

まぁ、いろいろ逡巡した結果、買ってしまいましたD600。
詳しくは以下のリンクを見て頂くとして、一言で言えばフルサイズセンサーを積んだデジタル一眼レフですね。
D600│ニコンイメージング
12月にキヤノンからより軽いもの(EOS 6D)が発売される予定ですが、現時点ではフルサイズ機としては世界最軽量のモデルになります。
これまでSonyのNEX-5で文句は無かったのですが、やっぱり新婚旅行できれいな写真を撮りたいだとか、いろいろいろいろ考えまして、フルサイズ機の導入となりました。
競合としては、同じくニコンのD800とキヤノンの5D mkIIがあったわけですが、後者についてはスペック的には文句ないものの、触った感じがもっさりする、やっぱり重いというので却下。
前者とは最後まで悩みましたが、有効3600万画素はやはり手ぶれに相当シビアらしい点、機材は少しでも軽い方が良いのだ、という考えの基、D600となりました。
実際D800と比べると、残念なところは多いですが、軽さはそれに勝るメリットをもたらしていると思いますので、画質さえ良ければいいのであればD800ですし、少しでも機動性が、ということであればD600という棲み分けになると思います。
発売当初は価格差もほとんど無かったので、難しいところでしたが、D600が着実に値を下げているので、これからはよりはっきりしてくると思います。

実際使ってみましたが、やはりミラーレスと違い、ファインダーを覗いて撮るという動作が全く身についていなかったので、今でも苦労していることはあります。でも、シャッター音であったり、AFの速度、出てくる絵を見ると、確かにNEX-5では出せないクオリティのものが出てきます。高感度耐性についても、割と評価の高かったNEX-5と比較しても明らかに良くなっています。この点、画素数を絞ったお陰もあるでしょうが、ISO6400でも全然違和感なく使えます。

また、NEX-5で使っていた、ニコンのマニュアルフォーカスレンズ、50mm f/1.4Sとmicro 55mm f/2.8Sでも試し撮りしましたが、設計が古いレンズなのに非常に良い描写で驚くほどです。ファインダも見やすく、フォーカスエイドも効くので、MFでも困ることはありません。
NEX-5でのMFと比較すれば全くレベルは違いますが…。NEX-5はMF専用機として生きていってもらおう…

サンプルとかあげられれば良いんですが、FC2のアップロード容量の問題等もあるので、ちょっとなぁ。
[ 2012/10/28 22:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

フルサイズ機欲しい 

式についてもらったカメラマンさんは、D700にいくつかレンズをつけてましたが、24-70mmとスピードライトでした。二次会のカメラマンさんは5D mkIIに24-70mmでしたねぇ。
やっぱりスピードライトをレフ板でバウンスさせて撮ったりするとか、こういうシチュエーションでの撮り方みたいなのを間近で見られたのは良かったかなと。
(自分の結婚式の感想がそれかよ!)

でも、24-70の赤ハチマキっていくらするのよ、とか、フルサイズのデジカメいくらするのよ、みたいな話はあるので、少し難しいところもありつつ。あ、だいたい持ち込んでた機材見ると軽は買えると思います。やっぱプロはそうなりますよね。
参考までにレンズの値段だけでも。
キヤノン EF24-70mm F2.8L II USM
[ 2012/10/08 22:14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

結婚式を挙げました 

そんなこんなで、籍を入れてから半年以上経ちましたが、昨日結婚式でした。
いろいろ思うところはありましたが、準備は大変だったけど、本当にやって良かったかなと。
参加してくれた友人には最大限の感謝を。

これからもがんばっていきます。
[ 2012/10/08 22:03 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

りばーす 

そういえば買ったんですよ、これ。
Re:Birth II
ギターにはDemetoriの寺前さんが参加ですってよ、奥さん。
他にもFalcomバンドのベースさんとかしょこたんバンドのDrも参加してるし、そういうことなんでしょうかね。

全体的に、原曲を今の音で表現したらどうなるの、的な原曲重視のアプローチですが、1曲目のイントロからもうクライマックスですね。個人的にはもう四魔貴族をイトケンがメドレーにしてくれただけで涙が出そうです。
半分くらいロマサガ3からで、そりゃそうだろうな、という気もするのですが、もう気になる人は買うべきだと思います。
ミンサガからも2曲入っていて割と原曲自体新しめなんですが、音が厚くなったのと、後半の展開が変わっていて、サルーインとかBelieve in ~はもう聞き飽きたよ、とか思ってたら大間違いでしたね。
後半の怒濤のラストバトル押しは、まさに力業ですが、再度の七英雄バトルでさらなる驚きが…!?
これは買った人だけの特典ですかね。
[ 2012/10/03 00:45 ] 日記 | TB(0) | CM(1)

8入れたい 

いろいろと準備でPC使う関係上、RTM落としたのにインストールするチャンスがなかったのですが、ようやっと落ち着いてきたので入れたいなぁと。
実はグラフィックカードをRADEON HD5750からHD7770へ買い換えたのですが、正直違いが…
WEIも0.2しか上がりませんでしたしね。でも、補助電源1個だけで済みますし、音も静かなので悪くない選択だったのかなと。
PSO2始めようかと思ってインストールしましたが、まともに動いているようですので、PSV版出るまではちまちまとやりたいと思います。
シップ9でキャラ作ったので、気になる人は連絡ください。招待すると特典もあるみたいですので。
…いや、PSO2やってる時間は全然無いんですけどね!

PSO2やってる時間が無い割に、2週間ほど前からモバゲーでアイマスも始めてしまいました。無課金でがんばっていますが、今日から始まったアイドルサバイバルが無課金ソロ勢お断りな仕様なので、泣いてしまいそうです。
ゲームとしてはそんなにおもしろくないですが、キャラはかわいいので、気になる人は是非。
こちらも招待特典がありますゆえ…気になる方は…

最近はFacebookでの近況更新が多くなってきて、このブログの立ち位置が難しくなってきています。
[ 2012/09/21 00:23 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

ソウルハッカーズ始めました 

とは言っても、もう2週間くらい経っているような。

ということで、世界樹のクリア後もそこそこにソウルハッカーズ始めています。SS版もPS版も3周ずつくらいしていますが、やっぱりソウルハッカーズいいです。
3DSになって一番よかったこと、それはロード時間の短縮と移動速度の向上でしょうか。
今だいたい10時間ほどプレイしていますが、既にアジト移動後のあかねモールです。サクサク進みます。
戦闘も、過去版でコマンド入力できるようになる時間で、1ターン目が終わっているような、そんな感じなので、戦闘もサクサクです。いやはや、世界樹よりもレスポンスが良いのにはびっくりです。
基本的に下画面にマップが常時表示なので、マップを開いて確認とか、マッパーとか見晴らしの玉を使ったりと言うことがなくなり、そういった意味でもストレスフリーな作りになっています。こんなメガテンあって良いのか…というレベル。
その他、フルボイス化していたりもしますが、今ひとつ合ってない感が強いキャラも多く何ともいえません。
気になる人はボイス切れるので安心してプレイできます。

これって15年くらい前のゲームな訳ですが、今プレイしてみても社会に対する風刺というか、いろいろ考えさせられる台詞も多く、メガテンシリーズの台詞回しだったり、ストーリーの構成って改めてよくできているなぁと感心しきりです。

最近のペルソナシリーズやデビサバシリーズから入った人には、仲魔のレベルが上がらないとかそういったところで違和感を感じるかもしれませんが、これが源流だと思ってプレイしてみると新しい発見があるかもしれません。
気になる人は本体とセットで買ってみても良いのではないでしょうか。
やっぱり名作は色褪せませんね。
[ 2012/09/13 00:45 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

世界樹4クリアしたよ 

もはやこれだけ間があくと更新する気力とかそういうレベルでもないなぁ。

ということで、主題の通り世界樹4無事にクリアしました。
私のラスボス撃破時のパーティは以下の通りです。

ソードマン/モノノフ ナイトシーカー/ミスティック ダンサー/モノノフ
メディック/スナイパー ルーンマスター/メディック

ソードマンとダンサーは最初のサブクラスがそれぞれルーンマスター、ナイトシーカーだったのですが、以下の理由により変更しました。
・ルーンの導きリンクを生かせる手数がない
前列ダンサーが2刀流して、剣の舞でウハウハwww
とか思っていた時期があったのですが、2刀流ダンサーの脆さと言ったらこれがまた…
ダンサーは踊っている時間が思ったよりも長いので、やっぱり他に手数出せるアタッカーがいない現状ではリンクソードマンを生かせる場面がないので、早々に見切りました。ナイトシーカーもバステ撒きがメインなので、出ないときは本当に手数が出ないんですよね。
そんなわけで、ソードマンはリンクを捨てサブをナイトシーカーで、2刀流で追撃の残滓狙い、ダンサーもサブをモノノフにして刀装備で霞の舞かつ剣の舞という仕事に落ち着きました。
ソードマンは結局追撃の残滓が微妙に使いづらい(SP、TPコストに対して期待値が低い)ので、モノノフにして羅刹チャージ時々ヴァンガードみたいな火力一辺倒だけど羅刹解除でTP回せるよ、みたいな構成になりました。というか、羅刹もチャージもTPコストに対するリターンが大きすぎてびっくりします。羅刹は永続、強化枠消費なし、LV1でもダメージ4割増しですし…
メディックのサブがスナイパーなのは他にいい職がなかったので、カムフラージュほしさに選んだといった感じです。案外にレッグスナイプの必中が有効な場面が多いので、後列で弓装備できるという意味でも思ったよりも死んでないサブクラスかなと思っています。だってルーンマスターやるにはTEC中途半端だし…
ナイトシーカーはサブが何でも生きると思いますが、そんなん関係なく毒が強い。ターン700とか正気じゃないわ。隊列移動もターン消費なくなったので、実際は後列運用でもいいんですけどね。脆いし。
ルーンマスターがメディックをやると、本職よりも仕事できたりもします。オートリザレクト役としては少々脆いですが、やっぱり回復役2人というのは心強いです。

今回結構緩いかな、と思いましたが、よくよく思い返してみると毎度ボス前でゲストキャラ追加されるのが大きいかもしれません。特に第4層のボスは火力がゲスト頼みになるのはほぼ必然というか、パーティのメンツがどうあれ、戦い方の主軸がゲストありき、という感じです。
そういうわけで、どんなパーティ構成でもラスダンまでは割と容易に行けるあたり、楽になった感じはあります。
休養のコストもLv5からLv2に低減され、一回くらいの休養であればほぼ戦力が削がれることなく進めるので、詰まったら休養してスキル振り直して戦略を練る、ということがカジュアルにできるようになったのは非常によかったと思います。今回死にスキルはほとんど無いのですが、序盤で役に立つけど後半微妙なスキル(戦後回復とか応急手当とか)を見切ったり、一度に振らないと使いづらいスキルやサブクラスを有効に活用するために非常に重要です。
基本的に今回の追加解禁職がどれも強いので、結局休養でサブクラス変更する人は多いと思います。かくいう私も、ラスボスで火力がどうしても足りなかったので、休養してモノノフ使いましたし。

その他、音楽がとてもよかったですね。3の"荒れ狂う波浪の果て"のアレンジが入っていたのは特筆もの。

FM音源ではなくても、全体的に雰囲気はとても出ていて、音楽はこれまでの中でも相当よくできているのではないでしょうか。サントラ買おうかなぁ。1の討ち果て朽ち果てとかもアレンジしてくれないかしら、次回作あたりで。

ストーリーはまぁ、正直可もなく不可もなく。各層のボスも、もはや様式美と言っても過言ではない構成になっていますし、これをマンネリととるか、伝統と取るかは人によるかと思いますが、私は好意的に解釈しています。
そんなわけで、過去シリーズやったことある人は是非。
これのために本体買っても惜しくないと思います。
[ 2012/08/28 01:51 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

you-1

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム